NPO 法人日露文化経済交流促進協会は、『日本における ロシア年』である本年に、日露友好の一助として、~映画「ソ ローキンの見た桜」公開 特別公演~<アンドレイの世界> part Ⅱを開催いたします。
 日露交流史を概観すれば、古くは漂流民の交流から始ま り、文学、音楽や、オペラ・バレエ・演劇等の舞台芸術、 そして絵画・彫刻・映画等の文化交流があります。本公演 では、日本とロシアで活動している音楽家、俳優、映画監 督がタッグを組み、オペラと演劇と映像で描く舞台芸術を 実現しました。
 今回は、脚本を担当している井上雅貴監督の映画「ソロー キンの見た桜」(2019 年3 月22 日( 金) 角川シネマ有楽町ほか全国公開/ 3 月16 日( 土) 愛媛県先行公開) のストーリーを軸とし、ロシア音楽、オペ ラ「光太夫」 などを交えました。戦争と漂流と事情は違 いますが、遠い異国から母国を思う望郷の念と現地の人々 との愛情あふれる心の交流を、歌手が歌い上げ俳優が日本
語とロシア語で演じます。背景に投影される映像は新たな 世界観への誘いとなる事でしょう。

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る